シンプルに考えませんか。

先日家族で久しぶりに
出掛けました。

 


父の実家に家族で墓参りへ
行った時の話です。

 

出発前、車のトランクに荷物を
入れようとしていた父と母が
ものすごく困った顔をしながら
車の周りをうろちょろしていたので
父に、どうしたの?と聞いたら
レンタカーのトランクが
開かないと言うではありませんか。

 

それは困ったなと
私も車を調べると
トランク付近に
怪しげなボタンがありました。

 

これってもしかして。
と思い、ボタンを押すと
トランクは見事に開き
万事上手くいきました。

 

とまぁ何の変哲もない
ちょっとした出来事ですが

 

私は別に家族との旅行の
話をしたいわけではありません

 

よく、セミナーとかで聞く
常識にとらわれていると儲かりませんよ的な話です。

 

実は私は免許を持っているのですが
完全にペーパーなので
車には全く詳しくありません。

 

一方、父と母は車が好きで
よく車で旅行へ行ったり
ドライブへ出かけます。

 

当たり前ですが、
車種も含め車そのものの知識は
父と母の方が圧倒的にあります。

 

しかし、私は二人が探すことの出来なかった
トランクのボタンをいとも簡単に
見つけることができました。

 

まぁ、10人いれば9人ぐらいが見つけられるとは
思うのですが、私がいなければ
二人はトランクを開けるのに
もう少し時間がかかっただろうなと思います。

 

私がトランクを開けた時
父は、

 

普通の車はこんなところにトランクの
ボタンなんかついてないよ

 

と笑っていました。
確かに父の言うとおり
普通は付いてないと思います。

 

でも、私にしてみたら
トランクの近くに
ボタンが付いてるんだから
これしかないでしょ。
と思いました。

 

むしろ、私は運転席にトランク
を開けられるシステムが
あることの方に驚きました笑。

 

つまり、常識にとらわれてなかったのです。

 

ここで、私は常識の枠を外せば
儲けるのも簡単ですと言うつもりはありませんが

 

常識にとらわれているというのは
本当に盲目的なのだなと感じましたね。

 

逆に常識にとらわれていない
まっさらな状態は
時にとんでもない発見を
導くことがあります。

 

これはなぜでしょうか。

 

これは何も知らないので
シンプルに物事を判断するからです。

 

実際、私もトランクの近くにある
ボタンだから、これしかないと思いました。
非常にシンプルですね。

 

常識を破ることはとても難しいです。
本能的に拒絶してしまうからです。
それに周りからの批判も大きいと思います。

 

しかし、物事をシンプルに
判断するというのはどうでしょうか?

 

難しいかもしれませんが
常識を破ることよりは
周りからの抵抗も少なく
簡単だと思います。

 

シンプルに物事を考える。

 

これは試してみる価値はあります。
たかが車の話でここまでと思いますが
シンプルに考えるという具体例として
非常に良い例だったので書かせていただきました。

 

では、今日も
読んでいただきありがとうございました。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ